モーリシャス:油流出による「生態学的災害」に直面

今回の「モーリシャス燃料流出事故」には、「自然環境」に関する語彙が数多く登場してきます。


モーリシャスの海を説明する「汚染されていない」という形容詞 "pristine"

・pristine beaches「手つかずのビーチ」


「~を飽和状態にする、~で一杯にする」という動詞 "saturate"

・Pristine beaches are now saturated with oil.「手つかずのビーチは今や油で覆われた」


「環境保護主義者」は "environmentalist"


「環境保護の;生態学の」は "ecological"


このニュースのキモは「座礁する」"run aground"

・The ship ran aground where there should have been a depth of 35ft.「深さ35ftのはずのところに船が座礁した。」

「自然保護区」は "natural reserve"

そうそう、"given" で始まる分詞構文が出てきます。用法を確認しておきましょう。"Given the fact that; Considering the fact that" 「~という事実を考慮に入れると」という意味を表すものでしたね。


←一覧に戻る


PDF資料


step 1 本編

ニュースを聞いてみましょう!聞き取れたか、聞き取れなかったか、自身で判定してみましょう。


step 2 英文字幕

英文全体の確認をします。


step 3 日本語訳

英文の意味を確認しましょう。


step 4 語彙

ダウンロードしたPDF資料の英文資料を読み、それがどのような日本語に当たるのか類推した上で、映像の日本語訳で確認しましょう。



step 5 Vocabulary in Action

映像上に「step 4 語彙」確認した語彙が提示されます。ニュース上で語彙の使われ方を確認しましょう。



step 6 PRACTICE FOR REPRODUCTION

英文音声の後に音声のない画面が出てきます。英文の音声のイントネーションに気を付けて発音しましょう。この時、指定された時間内で発音できるように努力しましょう。


step 7 REPRODUCTION Stage1

英文字幕と共に英文を注意して聴きましょう。次に一部がブランクとなっている英文が出てきます。その英文が時間内に正しく口をついて出てくるようにトライしてみましょう。


step 8 REPRODUCTION Stage2

ブランク付きの英文が提示され、ブランク部分を含めた英文が読まれます。次に同じブランク付き英文が音声なしで流れます。時間内に復唱トライします。


step 9 REPRODUCTION Stage3

ブランク付き英文が画面に出て、次は音声は出てきません。自身で全文が時間内に正しい英文で言えるかトライします。


step 10 Dictation

ダウンロードしたDictation用のPDFを使って、空所に適切な英文を書き入れましょう。


←一覧に戻る


英文全文

0回の閲覧