NFLコミッショナー、人種差別問題で「我々は間違っていた」

最終更新: 6月16日

今回は、今や、抗議活動の代名詞ともなった「片膝」運動を、全米に拡大したColin Kaepernick氏です。今から4年前のことです。記者会見の席上、彼は次のように述べています。

"I am not going to stand up to show pride in a flag for a country that oppresses black people and people of color."

"To me, this is bigger than football, and it would be selfish on my part to look the other way. There are bodies in the street and people getting paid leave and getting away with murder."


「黒人や有色人種を抑圧する国の旗に誇りを示して立ち上がるつもりはありません。私にとって、自分の信念を示すことはフットボールよりも重要なのです。目を背けるのは自分のことしか考えないことなのです。通りに死体があるのに、有給休暇を取得し、好き勝手にする人がいるのです」

キャパニックの主張に同調する選手たち。大袈裟な身振り手振りで、その大きなうねりに反論したドナルド・トランプ大統領。キャパニックを支持する選手たちの波はトランプ大統領への直接的な怒りに姿を変えていった。

2016年9月5日、当時のオバマ大統領は

"He cares about some real, legitimate issues that have to be talked about."

「キャパニックが問題視しているのは話し合わなければならない現実的で当然の問題です」と述べ、キャパニックを正面から擁護したのです。


←一覧に戻る


PDF資料


step 1 本編

ニュースを聞いてみましょう!聞き取れたか、聞き取れなかったか、自身で判定してみましょう。


step 2 英文字幕

英文全体の確認をします。


step 3 日本語訳

英文の意味を確認しましょう。


step 4 語彙

ダウンロードしたPDF資料の英文資料を読み、それがどのような日本語に当たるのか類推した上で、映像の日本語訳で確認しましょう。


step 5 Vocabulary in Action

映像上に「step 4 語彙」確認した語彙が提示されます。ニュース上で語彙の使われ方を確認しましょう。


step 6 PRACTICE FOR REPRODUCTION

英文音声の後に音声のない画面が出てきます。英文の音声のイントネーションに気を付けて発音しましょう。この時、指定された時間内で発音できるように努力しましょう。


step 7 REPRODUCTION Stage1

英文字幕と共に英文を注意して聴きましょう。次に一部がブランクとなっている英文が出てきます。その英文が時間内に正しく口をついて出てくるようにトライしてみましょう。


step 8 REPRODUCTION Stage2

ブランク付きの英文が提示され、ブランク部分を含めた英文が読まれます。次に同じブランク付き英文が音声なしで流れます。時間内に復唱トライします。


step 9 REPRODUCTION Stage3

ブランク付き英文が画面に出て、次は音声は出てきません。自身で全文が時間内に正しい英文で言えるかトライします。


step 10 Dictation

ダウンロードしたDictation用のPDFを使って、空所に適切な英文を書き入れましょう。


←一覧に戻る


英文全文

4回の閲覧