​検定試験

​Dig-Studyがお奨めする語学検定/語学試験

​TECC(中国語)コミュニケーション能力検定)

TECC(中国語コミュニケーション能力検定)は、その名が示すとおり、中国語によるコミュニケーション能力を測定する検定です。


断片的な知識や高度に専門的な内容ではなく、実際にコミュニケーションする際の中国語運用能力を正確に測定するため、出題内容も日常生活やビジネスシーンでよく使われる中国語を素材として厳選しています。


しかも、その評価方法として、項目応答理論(Item Response Theory)に基づき、日本で初めて1000点満点の「スコア表示方式」を採用。きめ細かく能力を測定できるため、何度でも受験でき、学習の目標やペースメーカーとして活用できます。

IRT診断テスト

NHKエデュケーショナルの制作・監修により開発たIRT診断テストは、項目応答理論(Item Response Theory)に基づいたテストです。

IRT診断テストでは、全国20万人の中高生を対象に行った基礎学力調査(標準化テスト)の統計分析から作成した学年別の標準的な学力標準に基づいた評価項目を用いて、受験生の学力を評価します。

 

そのため、受験条件や年度格差に左右されない、客観的な学力を測ることができます。日本語、英語のテストをご用意しております。